2010年09月30日

頭痛もちの方へ!市販の痛み止めの飲みすぎに注意!!

ご訪問ありがとうございます。


当ブログでは女性を中心にダイエットをはじめ、美容、健康、サプリメントに関する情報を主に提供していきます。




今回は頭痛でお悩みの方へ市販薬の注意点をお伝えしたいと思いますぴかぴか(新しい)

ついつい市販の鎮痛剤を飲みすぎていませんかexclamation&question

市販の鎮痛薬にはバファリン、イブ、セデスなどいろいろありますがいずれも飲みすぎると大変なことになります。

飲みすぎて効き目が無くなってくるだけならまだいいです。

場合によっては飲みすぎることで今の頭痛が悪化する事だってあるのです。

最近薬局に来る方の中にもこのような方がたくさんいらっしゃいます。

鎮痛剤を飲みすぎると薬物乱用頭痛という新たな頭痛を誘発してしまうのです。

鎮痛薬を服用するのは1週間に2回〜3回を目安にするといいみたいです。

それと日常に支障が出ない程度の痛みであればなるべく我慢し飲むのを控えたほうがいいようです。

それ以上飲んでしまうと薬が効かなくなってきたり、頭痛が悪化してしまう可能性があります。

ですので、ついついたくさん飲んでしまうという人は一度頭痛外来を受診したほうがいいかもしれませんねひらめき



応援の1クリックをお願いしまするんるん

人気ブログランキングへ




0から学ぶ!健康・美容・ダイエット・健康食品・サプリメント情報発信局へ




posted by kazu at 22:35| Comment(1) | TrackBack(0) | ◆病気・健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

秋のダイエット食材!サツマイモについて

ご訪問ありがとうございます。


当ブログでは女性を中心にダイエットをはじめ、美容、健康、サプリメントに関する情報を主に提供していきます。



もう秋ですね。

秋と言えば食欲の秋。

ということで今回は秋の食材サツマイモについてお話しようと思いますグッド(上向き矢印)

私の近所ではすでにトラックのおじさんが石焼きいもを売りに回っています。

サツマイモって実は美容だけでなくダイエットにもおススメな食べ物ってご存知でしたかexclamation&questionサツマイモって高カロリーなイメージがありますが、実はエネルギーになりやすく太ったりすることはほとんどないのです。

さらに食物繊維を豊富に含んでいるため少量で満腹感を得られるというお得なメリットもありますひらめき

実際食べてみるとすぐ実感出来ると思いますよ。

それ以外にもカリウムやビタミンC、ポリフェノールなどの抗酸化成分も豊富に含んでいます。

そしてサツマイモの最大の長所は調理方法のバリエーションが多いところですぴかぴか(新しい)

蒸かしてもよし、煮るのもよし、揚げてもよし、サツマイモを使ったデザートを作るのもよしです。

こんなにおいしいサツマイモを食べない手はありません。

是非食卓に取り入れてみてはいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)るんるん




応援の1クリックをお願いしまするんるん

人気ブログランキングへ




0から学ぶ!健康・美容・ダイエット・健康食品・サプリメント情報発信局へ




posted by kazu at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイエット関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

加齢とともに基礎代謝量が減ってしまう理由

ご訪問ありがとうございます。


当ブログでは女性を中心にダイエットをはじめ、美容、健康、サプリメントに関する情報を主に提供していきます。


いつもと変わりない食生活を送っているにも関わらず太ってきたという方はいらっしゃいませんか?


その原因の理由の1つは基礎代謝の低下です。

基礎代謝は加齢とともにどんどん低下していきますので同じ食べ物を同じ量でずっと食べ続けた場合必ず太ってしまいます。

基礎代謝量とは「呼吸する」、「臓器を動かす」、「体温を保つ」といった人間が生きるために必要な必要最低限のエネルギー消費量のことです。

この基礎代謝量は骨格筋(筋肉)、心臓、肝臓、腎臓など臓器ごとに1kg当たりのエネルギー消費量は決まっており、それに重さをかけた値の合計で算出されます。

1日の1kgあたりのエネルギー消費量は多い順に心臓、腎臓、脳、肝臓、筋肉、脂肪組織の順番になっています。

これに重さをかけたものが基礎代謝量です。

上の6個の臓器を重さの順番に並び替えると重い順に筋肉、脂肪組織、肝臓、脳、心臓、腎臓となります。

エネルギー消費量と重さをかけたものが基礎代謝ですから、基礎代謝が一番大きい順に並び替えると以下のようになります。

筋肉、肝臓、脳、心臓、腎臓、脂肪組織の順番です。

つまり筋肉は1kgあたりのエネルギー消費量は小さいけど1番重いため結果として基礎代謝量は一番大きくなります。

加齢とともに各臓器のエネルギー消費量は下がりますが重さ自体はほとんど変わりません。

加齢とともに大きく減少するのは筋肉量です。

男性の場合で20代であれば基礎代謝量は平均1500kcal前後と言われていますが、70歳になると1300kcalまで落ちてしまいます。

これが食べる量が変わらないのに太ってしまう原因なのです。

40歳、50歳になると摂取カロリーが消費カロリーを実は上回っていたなんてことも少なくありません。


これを防ぐには筋肉量を落とさないために今のうちから筋トレや運動をしっかりやるか、あるいは摂取量を控えるのどちらかしかありません。

もう一度今の自分を振り返ってみてはいかがでしょうか?




応援の1クリックをお願いしまするんるん

人気ブログランキングへ




0から学ぶ!健康・美容・ダイエット・健康食品・サプリメント情報発信局へ
posted by kazu at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイエット関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。