2010年08月15日

まだまだ熱中症に注意!!

暑い日が続いていますねふらふら

今回は熱中症についての話題を少しお話しようと思いますひらめき

というのも最近、薬局に来る患者様から熱中症について聞かれることが本当に多いんです。

実は熱中症というのは熱射病、熱失神、熱疲労、熱痙攣の4つの病気の総称です。

今回はその中でも皆さんが熱中症とよく言っている熱射病についてお話いたいと思います。

熱中症(熱射病)は簡単に言うと熱の逃げ場がないために体内に熱がこもってしまい、高体温、めまい、嘔吐、痙攣、頭痛、だるさ、ひどいときには意識消失さえしてしまう病気です。

人間は通常であれば、体温が上がると脳が「汗を出しなさい」という命令を出します。

すると血管から汗腺に水分が移行し汗が出ます。

その汗の蒸発により体から熱が奪われ体温が下がる仕組みになっています。

つまり熱中症は汗が出ないために体温を下げることが出来ない結果として発症するんです。

では汗が出にくいのはどんな人に多いか?

それは普段から暑いところを避け涼しい部屋で生活をしている人です。

私達の体は夏は汗を出しやすく、冬は汗を出にくくする機能が備わっています。

しかし、このような生活をしていると脳が夏を冬と勘違いして汗が出にくくなってしまうんです。

ですからこのような人は暑いところに少しいただけで体温が急に上昇してしまい熱中症になりやすいのです。

また高齢者の方は体温調節機能が衰えていますので若い人よりも熱中症になりやすいです。

逆に、普段からで汗をかく習慣がある人や外にいることが多い人は脳が正常ですからしっかり汗を出してくれますので熱中症にはかかりにくいのです。

また、汗には適度な塩分が含まれていることはご存知ですよね?

その塩分ですが実はあまり汗をかかない人の方が汗に含まれている塩分が多いんですよ。

だから熱中症には水分だけでなくミネラル(塩分)もしっかり摂らないとだめなんです。

塩分が汗と一緒に体外に排泄されると体内の塩分濃度が低くなります。

そんな状態で水だけを飲んでしまうとどうなると思いますか?

体内の塩分濃度はますます低くなってしまいますよね?

だから人間の体はこれ以上塩分の濃度を下げまいと飲んだ水分をすべて尿として排泄してしまうんです。

それが続くと体温がどんどん上昇してしまい熱中症になってしまうのです。

しかし普段から汗をかく習慣がある人の場合は、汗をかいても体内の塩分濃度がそれほど大きくは下がらないので水分を摂取すると効率よく体内に留めておくことができるのです。

熱中症にならないようにするにはやはり暑くても少しは外へ出て汗を流したり適度な運動をすることだと思います。

もちろんその際は水分補給はしっかりしてくださいねぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

最後にもし熱中症になってしまったらどうすればよいか?

応急処置法をご紹介したいと思います。

がその前に…

どんな状態になったら熱中症なのかを知っておく必要がありますね。

実は熱中症の怖いところはこれだという決定的な自覚症状がないところです

ですので、頭痛、だるさ、めまいなどの症状がでたらまずは熱中症を疑って涼しい場所に非難し、水分をしっかり摂取してくださいね。

本当に熱中症になってしまったと思われたら、焦らずにまずは涼しい場所に移動させ仰向けに寝かせます。

次に衣類はボタンを外し緩めます。

氷などの冷たいものでわきの下、首を冷やしながら熱が周りに逃げるようにうちわなどであおぎます。


水分摂取が難しい場合は熱を逃がすことを最優先して下さいねひらめき

水分を摂ることが出来る場合は水だけでなくミネラル(塩分)が入ったスポーツドリンク(なければ塩水)を飲ませてくださいね。

体温が40℃以上あったり意識がない場合はこれらの応急処置を施してからすぐに救急車を呼んでくださいね。



0から学ぶ!健康・美容・ダイエット・健康食品・サプリメント情報発信局へ

応援の1クリックをお願いしまするんるん

人気ブログランキングへ

ラベル:熱中症 夏バテ
posted by kazu at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆病気・健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。