2010年08月23日

アトピーの人の紫外線対策について

今回はアトピーの人の紫外線対策についてお話したいと思います。

アトピーの人の肌は通常の人の肌と比べるかなりデリケートなんですよねexclamation

ですのでもちろん刺激にも弱く、日焼けするとアトピーが悪化することもあるということを知っておいて下さいねわーい(嬉しい顔)

普段からしっかり日焼け止めを塗って紫外線対策をすることが大切ですひらめき

といいたいところですがアトピーの人の場合は普通の人以上にどういう日焼け止めを選べばよいのか頭を悩ますところですよね?

確かにアトピーの人の場合は肌がかなりデリケートですので通常の人と同じような感覚で日焼け止めを選んでしまうとむしろアトピーの悪化の原因にもなってしまいますので慎重に選びたいところです。

ではどういう点に特に注意が必要なのかをお話いたします。

日焼け止め(特に大人用の日焼け止め)にはほとんど紫外線吸収剤が入っているのをご存知でしょうか?

紫外線吸収剤と聞くと紫外線を吸収してしまい逆効果になるのでは?と思ってしまいがちですが、紫外線吸収剤はそれ自体が紫外線を吸収し肌の内部への紫外線の浸透を防ぐことが出来るのです。

しかしながら紫外線吸収剤は自らが紫外線を吸収すると同時にそのエネルギーを熱や赤外線に変化させてしまいます。

この変化反応が肌に負担を与えるてしまうためSPFは最大50と決められているようです。

さらに紫外線吸収剤は酸化されやすいという性質を持っておりその酸化によって赤みやかぶれを引き起こすこともあります。

つまり紫外線吸収剤が入っているものは刺激が強く肌にダメージを与えてしまうので特にアトピーの人は選ばないようにしましょうねわーい(嬉しい顔)

「ノンケミカル」とか「紫外線吸収剤は使用していません」と明記された日焼け止めを購入していただければと思いますぴかぴか(新しい)

SPFは数値が高いもの程肌への刺激も大きいですからアトピーの人の場合はSPF18とかSPF20くらいのものを選ぶようにしましょうグッド(上向き矢印)

これで十分だと思います。

重要なのは添加物や刺激が少ない日焼け止めを数回塗りなおすことです。

強いものを1,2回塗るのではなく弱めのものを数回塗り直すことが大切ですよ。

それからしっかり洗い落とすことも大切です。

必ず水洗いや石鹸で簡単に落ちるタイプの日焼け止めを選びましょう。

落ちにくい日焼け止めを使用しているとアトピー症状が悪化してしまいます。


かかりつけの病院があるのでしたら担当の医師にお勧めの日焼け止めを紹介してもらうのもいいと思いますよ。


また、アトピーの人の場合はUVケア以外にも1つ是非していただきたいことがあります。

それは保湿です。

夏は肌が意外と乾燥しやすいため、それに加えて日焼けが重なると相当皮膚がボロボロになってしまいます。


そこでお風呂上がりの保湿を是非しっかりやっていただきたいです。

ポイントはお風呂上りに水分が完全に蒸発する前に保湿剤を塗ることです。そうすることで水分を閉じ込めることができます。わーい(嬉しい顔)

UVケアと保湿をしっかりやって夏を乗り切ってくださいねグッド(上向き矢印)






0から学ぶ!健康・美容・ダイエット・健康食品・サプリメント情報発信局へ

応援の1クリックをお願いしまするんるん

人気ブログランキングへ




posted by kazu at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆病気・健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

紫外線と日焼け止めの選び方&使い方について

皆さんは紫外線対策は万全ですかexclamation&question

今回は日焼け止めの使い方や選び方についてお伝えしたいと思いますグッド(上向き矢印)

紫外線対策を怠ると肌荒れ、ニキビ、シミ、そばかすなど様々な症状を引き起こすだけでなく実は風邪をひきやすくなったり病気になりやすくなったりしてしまいます。

それは紫外線は実はあたっただけで体の免疫力が低下してしまうからなんです。

紫外線というと肌のトラブルを思い浮かべがちですが、紫外線は肌だけでなく体にも悪い影響を与えてしまうんですね。

ですので紫外線対策を万全にする必要があります。

紫外線対策と言えば日傘をさしたり、帽子をかぶることが有効ですがやはり日焼け止めを塗るのが一番有効です。

でも日焼け止めってどういうものを選べばよいのか悩んだりしませんか?


日焼け止めの容器によくSPFとかPAとかPFAって書かれているのを見たことがあると思います。

SPFはUVB波をブロックする効果、PAやPFAはUVA波をブロックする効果をそれぞれ表しています。

SPFは1〜50の数値で表され、PAは+、++、+++の3段階で表され、PFAは2〜4、4〜8、8〜のように表されます。

では次にこの数値が何を意味しているのかについて詳しくお話いたしますね。

SPFとはSun Protection Factorの略で、紫外線予防効果を表しています。

SPFの数値は何も塗らないで紫外線を浴びたときから、日焼けが始まるまでの間の時間を1と考え、日焼け止めを塗ると日焼けが始まるまでどれくらい(何倍)遅くなるのかを表しています。

一般的に、日本人は素肌で紫外線を浴びると約20分で、日焼けが始まるといわれているので20分を1として考えています。

例えばSPF30は、30倍日焼けが始まる時間を遅らせることができるということになりますので20分の30倍で600分(=10時間)日焼けを遅らせることが出来るということを意味します。

ちなみに日常生活で使用する場合はSPF18程度(6時間)の日焼け止めが一番良いそうです。

次はPAについてです。

PAは数値ではなく+の数で3段階の強さに分けられます。

PA+++がUVA防御効果が非常にある、PA++がUVA防御効果がかなりある、PA+がUVA防御効果があるとなっており+の数が多いほど予防効果が強いという感じになっています。

また同じくUVA防御効果を表す指標としてPFAという数値がありますがこれも3段階に分かれており、PFA8以上はUVA防御効果が非常にある、4〜8未満がUVA防御効果がかなりある、PFA2〜4未満がUVA防御効果があるという意味です。

ではUVAとUVBの違いはというとUVAとUVBでは紫外線の波長が違い波長の長さはUVA>UVBとなっています。

また地表まで到達する紫外線のうち99%はUVAだと言われています。

UVAはUVBに比べて波長が長く窓ガラスも通過するため肌の真皮を傷つけ、さらにお肌の奥まで光が届くため、シミ、しわ、たるみの原因になります。

ですので肌の老化、シミ、しわ、たるみなどの肌トラブルの対策にはPAやPFAが高いものを選ぶようにしましょう。

しかし数値が高いほど予防効果は高くなりますが強いものは副作用もつきものです。

数値が高い日焼け止めを必要以上に使うと逆に肌へダメージを与え肌トラブルを引き起こしてしまう可能性がありますので注意してくださいねわーい(嬉しい顔)

肌が弱い方は数値が低めのものを数回に分けて塗り直したほうがよいでしょう。

次に日焼け止めの塗り方と注意点についてお話いたしますね。

まず塗る量についてです。

最近の日焼け止めは使用感が良く伸びるものが多いのでついつい伸ばしすぎて十分な効果がでない場合が多いようですので必要以上に伸ばさないよう注意して下さいね。

目安は、腕なら縦に2、3本の線状においた量を、脚なら3、4本の線状においた量を塗るようにして下さい。

顔は一円玉2個分くらいの量を満遍なく塗るようにしてください。

顔は塗る面積が小さい割に量を多く使うといことを覚えておいて下さいねぴかぴか(新しい)


日焼け止めの場合は塗る量が少なくなってしまうと予防効果は表示されている効果の約3分の1に落ち、特に数値の大きいものほど効果の落ち方も大きいと言われています。

効果を実感できない人はもしかしたら塗る量が少なすぎるのかもしれませんよ。

また日焼け止めは汗で落ちやすいのが弱点です。

汗をかいたときにはしっかり塗りなおしてくださいね。

逆に落とすときはしっかり落とさないと肌にダメージを与えてしまいます。

特にSPF、PAが高いものは落ちにくく意外と肌に残っていることが多いそうですふらふら

製品に表示されている使用上の注意など従ってクレンジングオイルなどで洗い落とすようにしましょう。






0から学ぶ!健康・美容・ダイエット・健康食品・サプリメント情報発信局へ

応援の1クリックをお願いしまするんるん

人気ブログランキングへ



posted by kazu at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ◆病気・健康関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

ダイエットは体重だけが全てじゃない!!

ダイエットはついつい体重の増減だけに目がいきがちですが決してそうではありません。

ダイエットでスムーズに体重が減るというケースはまれです。

つまりダイエットはスムーズに体重が減る時期となかなか減らない時期、そして場合によっては体重が増加する時期だってあるのですわーい(嬉しい顔)

これが普通です。

ですから体重の増減だけにこだわらないように注意してくださいねひらめき

このことを知らないと例えばスムーズに減量していた人が体重が減らない時期に入るとモチベーションが下がってしまいそこでダイエットを止めてしまう可能性があります。

しかしはじめからこのことを知っていれば「今はきっと体重が減らない時期なんだな。」と自分に言い聞かせることでポジティブに考えるようになりモチベーション維持につながります。

このポジティブ思考がダイエットでは非常に大切ですぴかぴか(新しい)

それに体重が減っていなくても体型は変わっていることだってあるんですexclamation

例えば体重はほとんど変わっていないけどウエストが減っていたなんてのはよくある話です。

ですのでくれぐれも体重の増減だけにこだわらないようにして下さいねるんるん



0から学ぶ!健康・美容・ダイエット・健康食品・サプリメント情報発信局へ

応援の1クリックをお願いしまするんるん

人気ブログランキングへ
posted by kazu at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイエット関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

ちょっと変わったダイエット法の紹介

今回は少し変わったダイエット方法についてお話したいと思いますひらめき

前にテレビ番組でやっていたダイエット方法です。

やり方はすごく簡単ですわーい(嬉しい顔)

ある条件さえ守れば食べたいものを食べてもよく、運動をする必要も全くないというものです。

その条件はたったの2つです。

1つ目の条件は1日何回でも間食をしてよいが1時間以上間隔を空けるということ。

そして2つ目の条件は1回の食事を100g以内に抑えるということです。

ただし水分は含みません。

どうです?

簡単だと思いませんか?

簡単にいると空腹を感じた時に少しだけ食べるという方法です。

1回の食事量は少ないですが1時間空ければまた食べられるんです。

どうしても間食をしてしまうという人にはお勧めなダイエット方法だと思います。

1日が24時間ですから毎時間食事を食べたとすると1日に24回も食べることができます。

ちなみに1日に24回食事をとった場合は2400gとなります。

この2400gの量をカロリーに換算すると平均して2000kcal前後になるそうです。

このダイエット法の狙いは最初の頃は食事の回数が多くても、続けているうちに体が慣れていくため自然に少しずつ食事回数を減らせるところにあるそうです。

実際100gってビックリするくらい少ないかもしれませんが何をやってもうまくいかなかった人はやる価値はあると思います。

是非試してみてはいかがでしょうかグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)




0から学ぶ!健康・美容・ダイエット・健康食品・サプリメント情報発信局へ

応援の1クリックをお願いしまするんるん

人気ブログランキングへ








タグ:ダイエット
posted by kazu at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイエット関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。